6planドキュメント

詳細設定:C(カスタム)条件 off

admin to  

特定の条件にて値引き額を変えたい、この金額以上は値下げしたくないといった設定をすることができます。

以前のバージョンの「子条件」と基本的に同じです。ただしこちらのカスタム条件では、条件にしたがった価格を改定した結果に対して制限(原価より下げたくない、値上がりするなら現状維持など)をつけることができます。

上記の画面上では、条件の作成、優先順位の変更、複製、削除が行えます。 

上記の画面の場合、条件1が適用された場合は条件2は判断されません。

条件を追加する場合は「条件を利用する」にチェックをいれ、追加ボタンを押してください。

条件の編集画面が開きます。 

条件名を編集できます。現在は条件1となっています。

条件設定欄より、条件を指定し、上記のすべての条件を満たす場合の動作を指定します。 この画面上では、

出品価格が1円から1500円で、自分のコンディションが可から新品同様の商品は、比較対象から2円引きにする設定になります。

さらに、制限設定をすることで、改定結果が

①500円以下になる場合は現状維持(出品前価格のまま)

②値上がりする場合は現状維持

とすることができます。なお上位の条件(この場合では①)に合致した場合、②は判断されません。

例えば以下のような制限で改定結果が400円になった場合、①が適用され、②は判断されません。

①1000円以下になる場合は現状維持

②500円以下になる場合は原価にする

条件を変更した場合は、決定ボタンを押して画面を閉じ、詳細画面上で保存ボタンを押すことではじめて反映されます。

制限設定の「%以内(Amazon価格の)」という項目は、価格改定後、Amazonの出品価格の一定範囲内におさまる場合に、価格を変更できます。

例)1円引きの設定、20%以内(Amazon価格の)の場合現状維持

1位 自分 良い  500円

2位 他社 非常に良い 990円

3位 Amazon.co.jp 1000円

このような場合、改定すると2位から1円引きで889円になりますが、Amazon価格の20%、つまり800円から1000円の範囲にあるので、現状維持に変更できます。

※比較対象がAmazonの場合はそのあらかじめその設定ができますのでそちらを利用してください。この設定は上記のようにAmazon以外の他社と比較して価格を改定すると、Amazonの価格に近づきすぎて商品の魅力が薄れる(Amazonの価格と変わらないのなら購入者はそちらの方が安心する傾向がある)場合に利用します。

※現状維持でも端数の切捨てを設定していれば行います。